プロフィール

 

佐 藤  祐 

SATO  TASUKU

 

 脳性まひ

 (英:Cerebral palsy)

 

出身 北海道 稚内市

                           

6歳〜18歳まで

家族、実家からおよそ

250キロメートルほど離れた

旭川養護学校 併設

療育センター施設生活

 

 高校

さらに離れた岩見沢へ

 

  稚内北星学園大学 

 情報メディア学部 卒業 

 

 

 

大学進学のために

家を出るのとは 逆パターン

12年ぶりに

      故郷の稚内へ家族のもとに戻れました、笑 

 

大学時代に本と出会う

書籍生の技法

障害者の自立生活を知る

 

 

大学4年生の夏休みに

自立生活センターさっぽろの自立体験室で生活する

 

  

   2002  

札幌で自立生活

ひとり暮らしを始める

自立生活センターさっぽろ

との出会い

     僅かな期間 ボランティアスタッフとなる 

 

 2005

 北海道福祉教育アドバイザー派遣事業

福祉教育アドバイザーとなる

 

 

2009

 ダスキン障害者リーダー育成海外派遣事業にて 

北欧ノルウェーへ

 

ノルウェー研修目的「介助サービスにおける

人材確保と研修システム」

 

DPI 北海道ブロック会議 理事

 

2011

    旭川市のとなり 

   東川町移住 

 「たすくゼミナール」開講

 

 2012 

 上川圏域 地域づくり委員

 (北海道障がい者条例)

 

 「自立生活センター北見」へ

初訪問

 【全国障害者介護保障協議会

 全国広域協会の話

      CIL設立のきっかけとなる

 

2013

 

旭川地域

CIL設立準備会

 

 毎月のように

全国広域協会団体支援本部へ

全国各地のCIL研修へと

修行の旅

 

 2014

 

  CIL ラピタ

 北海道北部旭川

 自立生活センター 設立